読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめに

誰かが私の物語を読んで、「ああ、わかる」と思ってほっとしてくれたら。
それが中高時代、文芸部に入っていた私の、作品を創る上でのモットーだった。

 

文章を書くのが好きだ。昔からずっと。
幼い頃は将来の夢を聞かれれば必ず「絵本作家!」と答えていた。
少し年齢が上がって児童文学を読むようになると、それは「作家」に変わった。

 

同年代に同じような夢を持つ、才能に溢れた人がたくさんいるんだと知るまでにそう時間はかからなかった。
中学に上がって入った文芸部で、自分よりも圧倒的に才能を持つ友人に出会った。
それ以来、私は「作家になりたい」とは言わなくなった。

 

それでも私は文章を書くことが好きだ。
自分は作家にはなれないし、有名なライターにもなれない。
それでもいいから、文章を書き続けたい、と思って、ブログを始めることにした。

 

エッセイのような文章を、日々紡いで行けたら、と思う。
誰かの心を揺り動かすような、感動させるようなものは書けなくても、
誰かの共感を得られるような文章を書けたら。
そう思いながら、少しずつ、記事を増やしていこうと思う。

 

ブログのタイトルは、大好きな作品のキーワードから取らせていただきました。