読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめに

誰かが私の物語を読んで、「ああ、わかる」と思ってほっとしてくれたら。それが中高時代、文芸部に入っていた私の、作品を創る上でのモットーだった。 文章を書くのが好きだ。昔からずっと。幼い頃は将来の夢を聞かれれば必ず「絵本作家!」と答えていた。少…